名古屋のインプラント、矯正歯科治療なら名古屋市瑞穂区のかすや歯科医院

静脈内鎮静下手術

  • インプラントの特徴
  • インプラント症状
  • インプラント費用
  • 骨移植・骨構造
  • CGF

静脈内鎮静下手術

インプラント治療は希望するけれども、手術が恐ろしくて耐えられない。出来れば全身麻酔で手術をしたい。という方は多いと思います。全身麻酔となると、病院へ数日入院をしなければなりませんし、体への負担もあります。 そこで、全身麻酔のように、完全に眠った状態ではなくて、点滴から鎮静剤を投与し、半分眠ったような状態で、手術を行うのが静脈内鎮静法です。 半分起きていますから、術者が、「お口を開いてください」と言えば、ご自分でお口を開けますし、「痛いですか?」と聞けば、お返事されます。しかし、完全に鎮静剤の作用が、きれた後は、この間のことは、ほとんど覚えていないという状態です。 もちろん鎮静下でも、痛みは感じますから、局所麻酔を行います。通常の局所麻酔下で、通常にインプラント手術を行うのですが、鎮静剤の作用で、手術中の振動や痛みなどの苦痛を、ほとんど記憶していないということなのです。 この静脈内鎮静を行うにあたっては以下の諸注意が必要です。

1 まずは十分な問診をさせてください。全身状態、過去にかかった疾患、現在かかっている疾患、いただいているお薬、アレルギーについて、等々お尋ねします。
2 場合によっては近隣の医院での検査をお願いします。
3 手術4時間前の飲食はお控えください。
4 手術当日は車の運転はしないでください。
5 手術後30分~1時間ほど、十分鎮静剤の作用が減少したのを確認できるまで、当院で休んでから帰宅していただきます。
6 家族の方のお迎えをお願いします。
7 手術の前に点滴をうちます。
8 手術中は血圧、脈拍、血液中酸素飽和度などのモニターをつけます。
9 全身状態によっては、行えない場合もあります。

  • インプラントの流れ
  • 静脈内鎮静下手術
  • インプラントQ&A

PAGE TOP